更生保護

本『あの頃,ボクらは少年院にいた』

A1owanqnkyl1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっとうに行きたい少年院出院者の全国ネットワーク,
セカンドチャンス!」から,
また新たな手記集が出版されました。

『あの頃,ボクらは少年院にいた』

連休を使って読みました。

 

当事者の方の振り返りの物語が16編入っており,
末尾には座談会が収録されています。


当事者のストーリーは,本当に読み応えがありました
勇気を出して書き綴ったのだろうな,
というのが伝わってきます。


また,それぞれの綴り方にも個性があって,

「セカンドチャンス!」という団体の
お互いを尊重している姿勢が
透けて見えるようでした。


書き出しの切り口もそれぞれに面白い。
裁判官の「少年院送致」の宣告から始まるもの。
生い立ちから書いてあるもの。

少年院生活の書き方の濃淡も個性がありました


でも,多くの方のお話の中で,共通していると感じたことは,
・虐待されて育ってきたこと

・いじめ体験,いじめられ体験があること

・居場所探しのすえ,非行に見出したこと

・自分が,力で制圧すること,力で支配すること,
ついには,犯罪をすることで,
自分の存在が認められると確信をもってしまったこと

のように感じました。


読みながら改めて思っていたのは,
「更生は一人ではできない」ということです。
私自身も刑事事件で関わる方には,
いつも声をかけている言葉です。

少年院出院時に多くの人が陥るパターンであるならば,
社会の構造的問題として,
立ち直りを支える仕組みが用意されたらいいのに。


ま,セカンドチャンス!自身は,
仕組みになってやろうとか,
そこまで気負っていないと思われます。
地道に黙々と,
まっとうに生きたいと思っている人の力になりたい,
と考えていることが伝わってきます。
決して万能ではないが・・・,
という謙虚さも兼ね備えているのが,
個人的には好感持てます。



そのセカンドチャンス!の姿勢は,
本に収録された座談会の雰囲気からも伝わってきました。

そして,当事者の人にとって,
セカンドチャンス!の存在意義が語られいて,
当事者の人にとってどんな風に
受け止められているのかが,
具体的に伝わってきました。

あってありがたいもの,
目標とか,モデルとか,
生きるヒントになるもの。

セカンドチャンス!が,
必要な人につながってもらえるといいな,
と感じています。

 

| | コメント (0)

更生保護女性会「新年の集い」

Photo


豊中地区更生保護女性会の「新年の集い」に
豊中地区BBS会 理事として出席してきました。

更生保護女性会とは,
「更生保護に協力するボランティア団体です。 会の趣旨に賛同し、網領に基づいて活動できる女性であれば、どなたでも自由に参加できます。」

以上は,更生保護ネットワーク内の説明です。
引用先のリンクはります。

https://www.kouseihogo-net.jp/hogojosei/asks.html

私の認識では,夫が保護司という方などが
多く入会されています。

さてさて,更生保護女性会の新年の集いでは,
これまで様々な場面で顔を合わせている
保護司会会長,協力雇用主会会長,
保護観察所民間活動支援専門官の方,
元保護司兼更生保護女性会メンバーの方・・・

などなどと会うことができ,久しぶりに言葉を交わせて
嬉しい機会になりました。

更生保護女性会の歌があって,これを合唱し,
(皇后陛下が作詞されたものと知り,びっくり!)

Photo_2


綱領を読み上げました。





その後,更生保護女性会会長から
活動報告を兼ねたご挨拶がありましたが,
更生保護女性会の活動の幅広さに感服しました。

子ども食堂,子どもたちの見守り・・・

どれも「無償の愛」で自主的に行われていることに,
ほんと頭が下がる思いです。


それから,来賓あいさつなどが終わって
懇談会となりました。

会長さんや協力雇用主さんと同じテーブルとなり,
更生保護を支える方々の活動状況をお聞きするとともに,
実体験に基づく苦労話なども聞けて,
非常に有意義な機会となりました!

今後も更生保護の活動に関わっていきたい
改めてと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊中BBSのメンバーによる熊本地震災害支援ボランティア

 

 

府内の社会福祉協議会(社協)が、
熊本地震の災害ボランティアセンターの運営や復
旧作業などの活動を続けているようです。

 

 

そして,熊本地震の「災害支援ボランティアバス」に
豊中BBSのメンバーが参加してきました。

 

 

そのことが読売新聞に取り上げられていますので,
ご紹介させてもらいます。

 

 

一部引用
「豊中市社協は、地元の負担を減らし、迅速な支援につなげようと、ボランティアバスの運行を企画。市内で普段からボランティア活動に取り組む社会人や大学生らに参加を呼びかけ、市社協職員を含む計29人が13日夜に出発し、車中泊を経て14日朝から熊本県の菊陽町と西原村に分かれて活動した。」

 

 


暮らし再建 支援息長く…熊本で府内社協
: 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20160515-OYTNT50248.html?from=ycont_top_txt

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

協力雇用主会セミナー



1


本日,弁護士有志で,

「平成27年協力雇用主会セミナー」で講義をしてきました。
同セミナーは,
主催:保護観察所,
        特定非営利活動法人大阪府就労支援事業者機構,
共催:大阪府協力雇用主会連合会
後援:大阪弁護士会
となっています。

協力雇用主とは,「犯罪・非行の前歴のために定職に就くことが
容易でない刑務所出所者等を,その事情を理解した上で雇用し,
改善更生に協力する民間の事業主です。 」
 

法務省HPより引用
http://www.moj.go.jp/hogo1/soumu/hogo_hogo04.html

 

 

大阪弁護士会子どもの権利委員会の有志メンバーは,
かれこれ数年来,
保護観察所及び大阪府就労支援事業者機構と,
非行少年の更生保護を巡った勉強会を
定期的に開催しています。

 

昨年に引き続き,今年も,弁護士有志で,
「~弁護士がミニ寸劇でお送りする
 雇用主さんへの法的アドバイス~」の講義を行いました。

22






私は,劇団員で,「(有)加藤興業」のすぐにキレる女社長役でした。
昨年はナレーターだったのですが,
脚本家から,不向きとの降格人事を経ての配役です。

 

寸劇の内容は,写真の「Lesson」にある4つの事例です。

 

芝居は好評でした!
・・・私は大根役者そのものでしたが,温かい見守りがあり,
劇そのものの仕上がりはさることながら,
寸劇があったからこぞ,内容が非常に印象に残ったようでした。

 

そのため,劇の内容に関連し,
労働をめぐる質問も多く寄せられました。


ここで,協力雇用主の方,または協力雇用主への登録を
検討している方ににぜひ周知したいのは,
「身元保証制度」です。

協力雇用主が,刑務所,少年院出身者を雇用し,
その従業員が労働事故を起こして損害を被った場合,
上限200万円までお見舞金が出ます。
従業員がわざと機械を壊した,等の故意による事故でも
お見舞金がでる制度です。

※ただし,上限額等その他の条件がありますので,
詳しくは,保護観察所ないし
大阪府就労支援事業者機構にお尋ねください。



「身元保証制度」を利用するには,
雇用を決めたその時点で手続が条件であり,
本人に申込書を記入させることも必要になります。

この「身元保証制度」が,
刑務所,少年院出身者の雇用促進に
つながることを期待しています。





さて,第2部の情報交流会では,
協力雇用主の方々とざっくばらんな話をし盛り上がりました。

協力雇用主には,経営者層の方が多いのですが,
実に息の長い活動をしている方がほとんどで,
大いに刺激を受けました。


大阪府下に,協力雇用主会は
32地区あり,
登録
雇用主は,1330者にものぼるとのことです。

更生保護活動を進める数と力に大いに期待しています!


協力雇用主の方々には,
これをご縁として
今後も弁護士を活用いただき,お互いに協同しながら,
更生保護活動を続け,発展させていきたいと考えています。




・・・そして,私は,来年こそは,大根役者を脱却します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セカンドチャンス!大阪交流会で鍋パしました。

151000

 

 

先日,セカンドチャンス!大阪交流会に参加してきました。

 

最近のセカンドチャンス!大阪交流会では,
一つの試みとして,
みんなで何かご飯作って食べるということをやっています。
前回は,タコ焼きパーティ。今回は,鍋です。

 

水炊きとトマト鍋!

 

写真のとおり材料の量すごかった!!
この大きさのテーブルがもう一つあります。

 

みんなでわいわい楽しく鍋をつつきました。

 

トマト鍋も美味しかった☆

 

食事の用意がある分大変ですが,
やはり当事者の子が参加し易くていいと思いました。

 

お腹いっぱいになり,場も温まった頃,
この日も当事者の一人がライフストーリーを語ってくれました。

 

 

今回も,またみんなの顔をみてほっとして帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豊中BBSプチOB・OG会

豊中地区BBS会メンバーとの
プチOB・OB会のことを,

豊中地区BBS会のブログで取り上げてもらいました。

BBSを今でも続けていますが,
一番活発にやっていたのは,やはり大学のころでした。

その頃同世代だったメンバーと今もこうして集まり,
それぞれの仕事の立場を踏まえて
意見交換できるって,プライスレスです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『私を代わりに刑務所に入れてください』

 S95959

少年事件で担当している少年が,
「もう3回読みました。」と言ったことから,
私も遅ればせながら,
『私を代わりに刑務所に入れてください 
非行少年から更生支援者へ』を読みました。

少年は,以前に『セカンド・チャンス!』の本を読んで野田さんを知り,
野田さんに会いたいと言って,セカンド・チャンス!の交流会に
参加するようになりました。
私も,野田詠氏さんと,セカンド・チャンス!を通じて出会いました。

少年が本の感想を述べていました。
少年に許可をもらって一部紹介します。

『野田さんが書いた本については,もう3回程読みました。
特に少年院から出てきてもがき苦しみながら
覚せい剤に逃げてしまったというところは,
今の僕と重なるところがあります。

僕は野田さんは強い人やなと思います。

一度逃げ出したのに,自分の足で戻ることが出来ているからです。

逃げ続けてどうにかなる問題ではないのですが,
当時の僕には逃げるという手段しか考えられませんでした。

正直,今ものすごくやり直したいです。』

何度も本を読み返して自分と重ね,
改めるべきところを見つめていました。
今度こそ変わろうとする少年の本気の気持ちが
伝わってくるものでした。

『私を代わりに刑務所に入れてください
非行少年から更生支援者へ』は,

「現役」の非行少年に,たくさんの気付きを与えるものだと思いました。

私も,これまで関わった入院中の少年に読ませ,
出院後に待ち受けている生き方に備えさせたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊中BBS クリスマス料理レクレーション会

先日,豊中BBS会で,クリスマス料理レクレーションがあり,
担当している「子ども」と一緒に参加しました。
場所は,地域の公民館の調理室です。

※BBSとは
「Big Brothers and Sisters movement」の略称です。
「お兄さん」「お姉さん」のような存在として、
非行などの問題を抱える少年たちと一緒に過ごし、
相談相手や遊び相手、学習指導などを通して、
立ち直りの支えとなっていく青年ボランティア団体です。
法務省矯正局保護観察所及び保護司と連携しています。

参加者で,
①ピザ班
②パスタ•ポテトサラダ班
③チーズケーキ•コーンスープ班に,
分かれて,それぞれスタートです。

保護司の先生も2名参加してくださいました。

私と「子ども」は一緒に①ピザ班
うちの「子ども」は手際が良い☆
ピザ生地を丸め,休ませ,具材のキノコを炒めるなど,
ほとんどの工程をこなしました。
私はそれを褒める係,あと洗い物係でした。

Img_20141214_2


Img_20141214_3

②パスタ•ポテトサラダ班
大学生の会長です。
保護司の先生がサポートしてくれました。

Img_20141214_1_3

③チーズケーキ•コーンスープ班。
土台のチーズケーキに,各自トッピングをしました。
私の分は,「子ども」がチーズケーキに飾り付けしてくれました。

Img_20141214_155816


出来上がり

Img_20141214_155812


その後、食事して、みんなで,
各自持ち寄ったクリスマスプレゼントをかけて
ゲームをしました。みんなプレゼントに喜んでいました!

企画してくれた会員さん,ありがとうございました☆
「子ども」もすごく楽しい時間を過ごし,大満足でした。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある協力雇用主との意見交換

以前の記事で紹介しましたが,

 

「出所者受け入れ企業3倍に
20年までに法務省、奨励金も 」

この法務省の方針について,
ある協力雇用主さんと
意見交換をする機会がありました。

 

※協力雇用主とは 法務省矯正局HPより引用
「犯罪や非行に陥った人を積極的に雇用し、
その更生を支援する地域のボランティアです。」

 

法務省HP「更生保護における就労支援」
こちらのHPで,協力雇用主となり,
保護観察中の元犯罪者・元非行少年を雇用する
メリットについてチェックしてみてください。

 

 非常に興味深かったのは,
上記の法務省の方針について,
私の好意的評価とは相反して,
その協力雇用主の方の反応が批判的であったことでした。

 その協力雇用主の方は,
「これ以上協力雇用主が増えてどうするのか」と,
実態と施策の乖離を指摘していました。

 

「私の地区は,協力雇用主は充分いて,受け皿はあるのに,
むしろ就職希望の対象者がいない。
そのため,協力雇用主は登録して,元犯罪者を雇用していこうと
やる気があってスタンバイしているのに,
紹介の機会が少なすぎる。」ということでした。

 

協力雇用主を増やす,ということに力を注ぐよりも,

 むしろ,協力雇用主と就職希望者のマッチングの機会,
協力雇用主へ就職希望者を照会する機会を増やすことに,
力点を置いて進めていくべきではないか,というご意見でした。

 

 また,協力雇用主のうち,一定の条件を満たす人については,
もっと自ら刑務所や少年院に出向いて行くことを
可能にしていくべきではないか,というご意見もありました。

 

他にも,協力雇用主としては,
必ずしも地区にこだわらない雇用が可能なのだから,
(通勤可能であれば良いし,寮を整備していたら
他府県等からも受け入れもできる)

全国規模でネットワークをもっているハローワークが
もっと紹介事案を増やすように
積極的に活動するべきだ,との指摘もありました。

 

などなど,いろんな視点からの意見交換が出来て,
非常に面白く,有意義な機会となりました。

 

それにしても,なぜ協力雇用主の方への
就職希望者の紹介事案がそれほど少ないのでしょうか。

協力雇用主側は,可能な限り
求職者のニーズに即した職の紹介ができるように,
スタンバイしている姿勢を感じました。


私見ですが,受刑中・入院中の者に対して,
帰住先あっての職の紹介となっていることが
一つネックになっている点だと思います。

その協力雇用主の方もおっしゃっていましたが,
もっと,環境調整段階から協力雇用主が
関われるようにする仕掛けが必要だと思います。

そして,それは,大幅に何かを変える必要などなく,
現制度を少し調整することで,可能になる
という感触はあります。

ただ,それを困難にしているのは,何なのでしょうか。
行政機関の連携・調整でしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法務省方針 出所者受け入れ企業3倍に

日本経済新聞の記事より

「出所者受け入れ企業3倍に 20年までに法務省、奨励金も 」

元犯罪者・元非行少年の雇用が社会的に奨励され,
企業の社会的責任の一つと評価を受ける土壌が
育ってほしいと思っています。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

よしなしこと 弁護士 更生保護