« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

体罰があかん理由

3歳の長女はハサミの練習中。
そして,ようやく届いた左利き用のはさみがお気に入り。慣れてきたので,もう大丈夫かなーって思っていたら,うちのヨギボーがこんなことになっていました・・・。

長女は得意気に「ママ、みてー!」ってアピール。
私は,サーっと血の気が引いていく・・・。
よりによって!どうせ切るならヨレヨレのタオルとかあるやん💦

「どーしてこれ切ったん(怒)。もーこれ切らないで欲しかった」ってママは即発。

長女は半べそかいて、「ごめんね」って言ってました。
でも,たぶんなんであかんのかよく分かってなかったと思います。


体罰があかんのは,これですよねー。どうしてダメなのか分からないけど,ママが怒るからやらないっていうだけの行動指針にしかならないから・・・。確かに,怒って言うこと聞かせるっていうのは楽だわ,これは私が手抜きしているだけだわ。っと反省。


ママの心のうち。
「えー・・・んじゃぁ,これは,はさみ渡す時に,ヨギボーは切ったらあかんって言っておかなかったのが悪かったんやろうか。でも,切ったらあかんものって無限にあるのに,それ一つ一つ言うなんて現実的じゃないし。言われる長女の方もあかんあかんばかりじゃ,嫌になって聞いてくれないやろうし。

そもそも長女は自分の服は切らないから,長女の中で切って良いもの/切ってはいけないものの,一定の線引きはあったんだろうなぁ・・・。そうすると,その線引きが何かを事前に聞いとけばよかったんかもなぁ・・・。」

そして翌朝,保育園に手をつないで送って行く時に
「昨日,はさみでヨギボー切ったなぁ。どうして切ったん?」って聞きました。
すると,長女「だって,お顔作りたかったんだもん。」だって。

キャー♡可愛すぎるやろー!怒ってごめんちゃい💦
確かに,ヨギボーの赤い生地にお顔できたら面白いもんなぁ(笑)
よく見たら,口っぽいちっちゃい穴もあるんです。




・・・それにしても、この穴どーしよー💧

しかもヨギボーって,カバーが約1万円するのに,リペアも約1万円で,送料考えたらリペアが高いってどういうこと。

ちなみにカバーの穴の周辺の汚れは、長女が,両足の膝から下にテカテカになるほどワセリンを塗って,ヨギボーに座った際についたもの。その時も気が遠くなったな・・・。
38914
38915_20200529100901thumb1

| | コメント (0)

5/16(土)子どもの日記念無料電話相談

本年5月16日(土)午前10時〜午後4時半
電話番号06-6361-0430 ※予約不要
大阪弁護士会では,弁護士と臨床心理士による無料電話相談
「子どもの日記念無料相談 〜子どものなやみ,聞かせてください」を実施します。

この相談会は,日本弁護士連合会の「子どもの権利・全国イベント」の一環として開催するもので,20年以上前から毎年行われているものです。
昨年度は,電話21件,面談4件の相談が寄せられました。


特に今年度は,新型コロナウィルス感染症の影響により,大阪府内の学校が2か月以上にわたって休校しているという状態になっています。この間,子どもたちは学校に登校できず、自宅にとどまることを余儀なくされ,保護者が仕事に行くために十分な食事がとれなかったり,あるいは児童虐待の被害を受けたりするおそれも指摘されているところです。
また,子どもたちも友だちと遊ぶこともできなくなったりするなど現状から,不安や悩みを抱えている子どもも多く存在するものと思われます。


今回の相談会は,従前から子どもの日を記念して子どもに関わる相談をお受けするものですが、今年度は、特に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、子どもたちが現在抱えているこのような困りごとや悩みをまず受け止め,適切な解決に導くことを目指しているものです。

この相談会では,弁護士と臨床心理士がペアになって電話相談にあたります。
法律的な問題のみならず,子どもの心理面に関わる問題も併せて相談に応じることができることから,子どもたちにとって有益な場にできるものと考えます。

今年度は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため面談相談を実施せず,電話相談のみとしています。また,相談員についても、感染防止のため万全を期して望みます。
緊急事態宣言の延長により休校期間がさらに延びることとなった現在,子どもや保護者の悩みを受け止め解決に導く良い機会となると思います。
一人で悩むことなく,ご相談ください。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »