« RocksForChile2019 | トップページ | 期日前投票 »

Minami子ども教室タウンミーティング

Minami子ども教室タウンミーティングに出席してきました。

Minami子ども教室についての説明はこちら

 


「<Minamiこども教室とは>

大阪市中央区内の小学校では、
国籍が13ヵ国以上の子どもたちが在籍しています。
その中には、日本語での学習に困難を抱えたり、
仕事が忙しい保護者との時間がもてず
一人で過ごしている子どもたちが多くみられます。
このような外国にルーツを持つ子どもたちの
学習支援と居場所づくりのため、
外国人支援団体や地域の南小学校らと実行委員会を結成し、

放課後学習支援教室「Minamiこども教室」を
実施しています。」

<Minamiこども教室ではこんなことが行われています>

Minamiこども教室は、毎週火曜日の夜18:00~2時間、
中央区子ども・子育てプラザで実施しています。
学習内容は、教科学習と日本語学習で、
ボランティアが1対1で教えています。


(引用おわり)

 


昨年12月頃に一度見学に行き,
今回2度目の訪問です。

 

Minami子ども教室の見学を通じて,
外国ルーツの子どもにとって,
学習言語の理解がどれほど大変なことかが分かりました。
そして,見逃されがちですが,
会話の能力と学習言語の理解力のギャップに配慮しながら
学習支援をしていくことが必要であり,
そこをサポートすることが,外国ルーツの子どもが
自己肯定感をもち,自信をつける事に繋がるということが
理解できました。


また,Minami子ども教室の素晴らしいと思うところは,
週1回の学習支援活動にとどまらず,
親支援,子どもを含めた家族の
生活支援を行っているというところです。

外国籍の親にとっては,
日本で生活するのはそれだけで大変なこと。
分からないことが多い中,仕事をして,
何とか食べていけるならそれでいいか,と
子どものことは二の次になってしまいがちです。
なので,子ども支援といっても,
親の支援もしなければ子どもの学習支援にまで繋がらない。
Minami子ども教室が,「子どもが一番」をモットーに
活動していることが理解できます。

 


今回のタウンミーティングでは,
活動開始がら6年を経て,成果・課題・提案について
スタッフをはじめとした参加者で確認するというものでした。


大阪市中央区の小学校や地域と連携をしながら,
また,行政や高校との連携もしながら,
活動の幅を広げていっていることが理解できました。

そして,スタッフの方々の生の声が聞けたので,
考えているところの課題,
課題から見えてきた提案,
課題ともいえるが成果ともいえる部分等についても
理解を深めることができました。


タウンミーティング後は,懇親会にも出席しました。
教室の保護者が経営する
フィリピンレストランの料理が並び,
韓国料理,日本料理も並びました。
私は人生初のフィリピン料理でした!美味しかったです。

懇親会では,Minami子ども教室とそこに通う
子どものドキュメンタリーを観ることができました。
ここに通って来る子どもたちが抱えてる
大変な背景事情を垣間見ることができました。

 

大阪弁護士会の子どもの権利委員会のメンバーでは,
今年11月29日にある
近畿弁護士連合会シンポジウムの準備で
外国ルーツをもつ子どもたちの
学習権について研究を重ねており,
私も少しずつ
理解を深めることができています。

外国ルーツの子どもたちにとって,
母語を失わずに日本語教育を受けることが
いかに大切なことか,
それが,どうして本人のアイデンティティを
大切にすることに繋がるのか,
そういうことが理解できるようになってきた
感触があります。

|

« RocksForChile2019 | トップページ | 期日前投票 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RocksForChile2019 | トップページ | 期日前投票 »