« 2/2~3専門家による「女性のためのお悩み相談会」 | トップページ | ステキなすまし顔 »

『学校運営法律研修会』講師を務めました

先月,滋賀県内の教職員の方を対象とした,
学校運営法律研修会の講師をつとめましたた。

研修会は,大津会場,彦根会場の2か所で実施されました。
滋賀県は広いので,教職員の方々の便宜を図る趣旨です。

テーマは,「教育現場における要求事項への対応」です。
具体的なトピックスとしては,

「1 いじめを巡る学校対応

2 校則に基づく生徒指導の限界
   ~頭髪指導を考える~

3 個人情報保護と情報共有」

を取り上げました。

「1 いじめを巡る学校対応」では,

いじめ防止対策推進法の施行から3年が経った
平成29年3月に,
「いじめの防止のための対策に関する基本的な方針」
が改定され,
「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」
が策定されたので,
その内容を中心に解説しました。

特に,不登校重大事態については,
いじめ防止対策推進法の3年間の運用状況をみて,
これまで受けた相談事例等から
各学校で留意してもらいたい点が色々とあったことから,
その点を力説しました。

「2 校則に基づく生徒指導の限界
   ~頭髪指導を考える~」
では,昨年秋に全国ニュースで大きく取り上げられていた,
大阪府の府立高校の女子生徒が
頭髪指導を巡った損害賠償請求を求めて
提訴した事件を取り上げました。

校則に基づく指導について,教員の方々の関心も高く,
いくつか質問も受けました。

「3 個人情報保護と情報共有」については,
最近,学校での事故やいじめ等における
加害者から被害者への情報提供の方法について
問い合わせを受けることや,
他機関への情報提供の可否について
質問を受けることが多かったことから,
このトピックスを取り上げました。

第二部は,相談会になっており,
各学校から寄せられた相談案件に
回答していく場となりました。
事前に受けていた相談だけでなく,
その場でも受け付けしました。

こうして,学校の現場で日々教育を担っている
教職員の方々の質問を受けていると,
やはり学校現場で,弁護士からの法的アドバイスを
受けることが出来る「スクールロイヤー」の仕組みが
もっともっと浸透して欲しいと感じます。

これについては,日弁連が意見書を出しています。
リンクはります。

「スクールロイヤー」の整備を求める意見書

ところで,平成30年4月~NHKで,
スクールロイヤーをテーマにしたドラマがあります!!

土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』

リンクはっています。

一部引用すると・・・

「神木隆之介 × スクールロイヤー

いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働・・・
まさに崩壊寸前の教育現場に
スクールロイヤー(学校弁護士)が立ち向かう!!
この物語は、ある新人弁護士が
法律を武器に学校問題と格闘するなかで、
教師や生徒と体当たりで向き合い、
傷つきながら成長していく「学園ヒューマンドラマ」である。 」

とのことです。
私はこのドラマをとても楽しみにしています!
教職員の方々もそうですし,一般の方にも
観てもらいたいと思っています!

|

« 2/2~3専門家による「女性のためのお悩み相談会」 | トップページ | ステキなすまし顔 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『学校運営法律研修会』講師を務めました:

« 2/2~3専門家による「女性のためのお悩み相談会」 | トップページ | ステキなすまし顔 »