« スクールロイヤー関連ニュース | トップページ | 小学校の運動会 »

『パパは脳研究者』を読みました。

日経新聞夕刊の「プロムナード」で著者が書いていた記事が
気になったことをきっかけに,
池谷裕二氏の著書
『パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学』を読みました。
アマゾンのリンクはります。


私の子どもは今8カ月。
この1か月で子どもが出来ることが
加速度的に増えてきたように思えます。
「初めてのズリバイ」「初めてのつかまり立ち」・・・
私は見逃すことが多いんだけど,
一つ一つ,覚えていたいなぁと思い,
でも日々成長しているので,
覚えたいと思うことが脳からあふれてしまいそうです。



そういった,子どもの日々の行動や成長の過程について,
脳の発達の観点,進化論の観点等から解釈した見方を
知ることができ,なるほどなーっと面白かったです。


そして,これからどんな風に成長し,
それが脳の発達の観点からはどのように考えられるのか,
非常に興味深かったです。


同時に,子どもへの接し方において,
何に気を付けていこうとか考えることができて,
非常に有意義でした。

|

« スクールロイヤー関連ニュース | トップページ | 小学校の運動会 »

よしなしこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『パパは脳研究者』を読みました。:

« スクールロイヤー関連ニュース | トップページ | 小学校の運動会 »