« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

小学校の運動会

夫が未成年後見人している小学生から,
「ママさんも運動会来てくれるの?!」との声がかかり,
嬉々として,小学校の運動会の観覧に行ってきました。

自分の小学生以来の運動会だったので,
私には新鮮だったことをいくつか記します。

最近の小学校運動会事情はというと・・・
・準備運動は,ラジオ体操ではなく,
三代目 j soul brothersの曲が流れます(!)


・運動会の日は,給食がでます(!)。児童全員給食です(!!)
私の時代は,お重のお弁当が楽しみだったものですが・・・。


・男女で体操服が同じ,というのも,
もう今の時代は当然なんでしょうね・・・。


・児童が座るテントの横に,各人の水筒置き場があります。
私の時代にはなかったことだけれども,
熱中症対策が確実に実施されていることを感じました。


・組体操をやらない選択をする小学校も増えていますが,
当該小学校は,運動会の〆の演技で5,6年生により披露されました。

こんな気持ちになるとは予想していなかったのですが,
涙が出そうになるくらい,組体操に感動しました!
やり遂げた後の子どもたちの表情も
晴れ晴れとしたものでした。


人間ピラミッドもありました。
先生方が児童のすぐそばで見守っていて,
事故が起きないように
相当気を付けているのが伝わってきました。


なるほど。これは確かに,
組体操は運動会には欠かせない,
という声があるのは理解できました。
組体操並みに達成感があって,観衆に感動を与え,
しかも安全な競技が開発されると良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『パパは脳研究者』を読みました。

日経新聞夕刊の「プロムナード」で著者が書いていた記事が
気になったことをきっかけに,
池谷裕二氏の著書
『パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学』を読みました。
アマゾンのリンクはります。


私の子どもは今8カ月。
この1か月で子どもが出来ることが
加速度的に増えてきたように思えます。
「初めてのズリバイ」「初めてのつかまり立ち」・・・
私は見逃すことが多いんだけど,
一つ一つ,覚えていたいなぁと思い,
でも日々成長しているので,
覚えたいと思うことが脳からあふれてしまいそうです。



そういった,子どもの日々の行動や成長の過程について,
脳の発達の観点,進化論の観点等から解釈した見方を
知ることができ,なるほどなーっと面白かったです。


そして,これからどんな風に成長し,
それが脳の発達の観点からはどのように考えられるのか,
非常に興味深かったです。


同時に,子どもへの接し方において,
何に気を付けていこうとか考えることができて,
非常に有意義でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »