« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

大阪弁護士会月報記事

今年1月16日,大阪弁護士会子どもの権利委員会では,
大阪市立大空小学校のドキュメンタリー映画
『みんなの学校』上映会&トークセッションを開催しました。


このイベントにもゲスト出演していただいた
大空小学校初代校長の木村泰子さんと
真鍋俊永映画監督のインタビュー記事が,
今月の『
月刊 大阪弁護士会』の
特集「オピニオンスライス」に掲載されています。


インタビューに立ち会わせていただきました。
特に,記事のP2にある
「-でも,特別な支援は必要ではないでしょうか。」
という部分は,個人的にいろんな方に伝えたい部分です。

特別支援教育のこと,
ひいては,障がい者を「分ける」ということについて
最近よく考えさせられるニュースが続いています。



記事には,学校現場での
「障害者差別解消法に適う合理的配慮」とは何かを
考えるヒントが詰まっていると思います。




記事の内容は,広く教育関係者の方々にも読んでいただきたいので,
感想とともに,ぜひシェアお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »