« 福祉合同勉強会 | トップページ | 薬害訴訟の意義 »

豊中BBSのメンバーによる熊本地震災害支援ボランティア

 

 

府内の社会福祉協議会(社協)が、
熊本地震の災害ボランティアセンターの運営や復
旧作業などの活動を続けているようです。

 

 

そして,熊本地震の「災害支援ボランティアバス」に
豊中BBSのメンバーが参加してきました。

 

 

そのことが読売新聞に取り上げられていますので,
ご紹介させてもらいます。

 

 

一部引用
「豊中市社協は、地元の負担を減らし、迅速な支援につなげようと、ボランティアバスの運行を企画。市内で普段からボランティア活動に取り組む社会人や大学生らに参加を呼びかけ、市社協職員を含む計29人が13日夜に出発し、車中泊を経て14日朝から熊本県の菊陽町と西原村に分かれて活動した。」

 

 


暮らし再建 支援息長く…熊本で府内社協
: 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20160515-OYTNT50248.html?from=ycont_top_txt

 

|

« 福祉合同勉強会 | トップページ | 薬害訴訟の意義 »

更生保護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊中BBSのメンバーによる熊本地震災害支援ボランティア:

« 福祉合同勉強会 | トップページ | 薬害訴訟の意義 »