« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

少年院等出身者への応援メッセージ

セカンド・チャンス!のサポーターとして,
交流会にたびたび参加しています。

セカンドチャンス!は,
少年院出院者が経験と希望を分かち合い,
仲間として共に成長することを目的とした団体です

詳しくは,こちらのHP
セカンド・チャンス!のブログはこちら



私がセカンド・チャンス!の交流会に参加する動機は,
サポーターとして,セカンド・チャンス!の
メンバーを支えて行こうとか,
そんな暑苦しい気持ちはさらさらなくて,

なんとなく,人とのつながり,という意味が強くて,
それで足を運んでいるかんじです。

前回会った子とまた顔を合わせる。
最近顔見てなかったな~,と思う子と再び顔を合わせる

「久しぶり~!最近どうしてるん?!順調?!」
「なんか雰囲気変わったねー,髪型かなー?」とか話をしたり。

たぶん,そういうのがほっとするというか。
今回もまた会えたということが嬉しいというか。


セカンド・チャンスの交流会の持ち方は,
大阪と京都では,またスタイルが違うし,
毎回それぞれ,メンバーとか,その時のトピックスで違います。

時々,当事者の「ライフストーリー」が語られます。
そんな時は,やはり,
この子が前立ってやろうとすることを応援する気持ちで,
傾聴します。

その子は,周囲の人に宣言することを通じて,
それをまた新たな自分の「歯止め」にする意味があります。

言葉にすることの力を感じます。



さて,先日参加した交流会でいただいてきました。
セカンド・チャンス!で,
『陽はまた昇る 少年院等出身者への応援メッセージ』
「Q&M」の冊子が出来てました。

Img_20140918_0931259

そこに込められてものは,答え(Answer)ではなく,
メッセージだというところが,ステキだと思います。

たとえば,
「Q 保護司さんには毎月必ず会わなくてはいけないのですか?」
「Q 所属チームや団体を抜けたいときには
どうしたらよいですか?」
に対して,それぞれの考えるメッセージが並びます。

用意された模範解答じゃなくて
経験則から導かれる「自分はこう考える」が詰まっています。

いろんな人から回答が寄せられているので,
こう考えても許されるのか,という,
読んだ人には,ほっとするものがあると思います。


この冊子は,法務省を通じて各少年院に配布されているそうです。
多くの子どもに,手に取ってもらいたと思いました。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年院での法教育授業

今日は,大阪弁護士会ブログ「ほないこか~」の担当日でしたので,
先日,少年院に法教育授業に行ってきたことについて
記事を書いています。

『少年院での法教育授業』 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »