« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

保釈金の立替払いを頼むなら

以前の記事で,
全国弁護士協同組合連合会による
「保釈保証書による保釈」やっての
使い勝手についてまとめていました。


今回,この経験をもとに,「保釈保証書」の
利用ができる範囲=保釈金が300万円にとどまることが
予想される事案だったので,
日本保釈支援協会の方がベターだろう,という見込みのもと,
申込者となる方に対して,

日本保釈支援協会の利用申込み手続を案内し,
推奨しました。

しかしながら,ふたを開けてみての盲点がありました。

保釈支援協会の保釈保証書の方法では,
覚せい剤取締法違反被告事件の場合,
保釈金の半分は,
自力で準備しないといけないという点がありました。

そうすると,保釈保証書でまかなうことのできない
保釈金の半分については,
さらに立替金払いの申し込みを
しなければならなくなります。
ついては,手数料も割高になります。

結局のところ,「全額,保釈支援協会の
立替払金の申込みの方が,早いし,
最初の準備金も少なくて済みます」
という案内(甘言)のもと,
依頼者の意向(=早く確実に手続を進めてほしい)
もあって,保釈支援協会の立替払いを利用しました。

保釈支援協会の立替払いについては,
割と高い手数料が2か月に1度必要になるので,
300万円の範囲なら出来るだけ利用したくない
と考えているのですが・・・。

つきましては,整理すると,

保釈金が300万円の範囲内となる見込みがある場合
については,保釈保証書による保釈の利用を勧めます。

そして,覚せい剤事案の場合は,
依頼者の金銭的負担という観点から,
全弁連をお勧めします。
ただし,
弁護士側の業務の負担が増えます。

覚せい剤事案以外の場合には,
保釈支援協会を使う。

という整理になりました。ご参考まで。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長

元付添人をやっていて,
その後もBBSとしてともだち活動の中で
付き合いを
続けている,
私の年齢の半分くらいの「子ども」から,

「生まれました!元気な子です。」

の一報がありました。

その後,メールで赤ちゃんの写真がたくさん送られてきて,
さっそく親ばかっぷりも披露していて,
喜びがあふれていて,

本当に嬉しいです!!


その子のこれまでの成長過程を思い,
その子のこれからの赤ちゃんと共にたどる成長過程を思い,
その子のママっぷりについては,
うちよりも先輩になっていくことを思い,

感無量です!本当におめでとう☆☆☆

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勾留の執行停止中の保釈請求

勾留の執行停止期間中の
保釈請求が通りました。

これは,本件事案についての
実務的感覚からは,当然の結果です。
というのも,勾留の執行停止が必要なほど,
医療的措置が必要なわけでしたから。
執行停止期間の延長を上申することもあり得ますが,
安心して治療に専念するためには,
やはり保釈が必要でした。

しかしながら,これが可能かどうかとなると
説が分かれます。
というのは,条文に真っ向からぶつかってしまうからなのです。

刑訴法88条によれば,保釈は勾留されていることを前提とし,
また,再保釈の場合にも,同法343条後段,
刑事訴訟法規則91条1項3号によれば,
保釈又は勾留の執行停止の失効を条件としているので,
勾留の執行停止中の場合には保釈決定は許されないと
思われるからです。



私は,保釈請求と同時に,
執行停止決定の取消しの職権発動の申立て
に関する上申書を提出しました。

ただ,同時に決定が出ると,
保釈の決定と保釈金を納めるまでの間隙が生じ,
その間の身柄拘束が必要になるのか,
という不都合が残ります。

検察官の意見は「しかるべく」でありましたが,
裁判所ですったもんだ議論があった挙句,
法務省見解に従っての処理がされました。

・勾留の執行停止の者に対し,保釈決定は許される。
・勾留執行停止は,その期間中,
保釈決定が告知され保釈保証金が納付されたときに失効する。

ということでした。

なるほど。弁護士の活動というのは,
どこまでいっても面白い発見があります。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪地方裁判所 新館

大阪地方裁判所は,いつの間にやら新館をオープンさせていて,
いつの間にやら刑事部や民事部のいくつかが移っています。

急いでいる時などは,
本館のエレベーターに乗ってから部を探し,
結局上下して時間をロスした後に,
新館に行くということもあります。


係属部が移動した可能性を認識していたら,
事前に調べようと思うのですが。
移動になった部とそうでない部の法則性が
きっとあると思うので,それを公示してもらいたいです。

いっそのこと,上の階から順番に部を並べて欲しいです。
(下から順番でも良い)
以前からの疑問だったのですが,
なぜ並べなかったのでしょうか。



新館トラブルは,まだまだあります。
いわゆる仮監(正式名称は「大阪拘置所出廷留置場」)の移転
も周知されておらず,結局接見が十分にできないまま
公判に向かわざるを得なくなった

という経験をした弁護士も結構いたようでした。

裁判所の職員の方は分かると思うのですが,
かゆいところに手が届くような掲示を
してほしいと切に思います。

さらには,掲示をしても気が付かないところもあります。
Img_20140207_093654_2

裁判員裁判の受付は,ガラス張りで,
「事件係は隣です」なのですが,
まさか倉庫の扉のような中にあるとは思わず,見落とします。

新館のくらげ
Img_20140207_093612
生きることに対する主体性を失っています。
気泡が激しすぎると思います。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何のために会社を経営するのか

今日は弁護士会ブログの割当日ではなかったのですが,
記事書いています。

何のために会社を経営するのか

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカラヅカ

陸マイラーな私は,12000マイルを使って,
「ANA宝塚大劇場貸切公演」に行ってきました。

Img_20140201_094842_2

貯まったマイルをこんな使い方したのは初めてですが,
かなり得した気分です。
宝塚劇団は,100周年の節目の年ということで,
はからずもそんな年に観に行けたということも,縁起が良いです。


ANAの社員が総出できているのじゃないか,
と思うくらいのANAの歓迎ぶりでした。


Img_20140201_143549

ビジネスクラスのフルフラットシート体験コーナーもありました。
このあたりは,ANA主催ならではです。

Img_20140201_164306_2

 

公演内容は,
宝塚歌劇 星組公演 ル・スペクタクル・ミュージカル
眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯(はて)に-』
L'Homme sans sommeil:Napoleon
~Au-dela de l'Amour et de la Gloire

でした。

Img_20140201_165148

Img_20140201_164122
内容には触れませんが,やぁ~,素晴らしい。
本当に圧巻でした。心の洗濯できました。

宝塚劇団を観に行くと話をしていて
教えてもらったことなのですが,
宝塚劇団というと,チケットがなかなか手に入らないし,
値段がはる,という先入観があったのですが,
実は,当日券とか,立見券とかあるということでした。

参考「当日券情報

これなら映画を観る感覚で,
宝塚劇団も観ることができるという新しい発見でした!

帰りにもらった四つ葉のクローバーの種。
「よつば」なだけに,縁を感じました。

Img_20140202_115254


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »