« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

発達障がいの当事者研究のTV番組を観て

子どもの権利委員会の弁護士に,
録画のDVDを借りて,
綾屋紗月さん・熊谷晋一郎さんの出演番組
「見える障害のあなた 見えない障害の私」を観ました。
TV番組の内容の紹介はこちら

これを観て,実感として,
発達障がいの抱えている方の「生き辛さ」について,
理解が進みました。
また,当事者の方が,自分の障がいとともに,
どのようにして社会に適用していく方法を採っているのか
知ることが出来ました。

昨年,家庭教育支援条例に対する意見書チームに入り,
その中で,発達障がいに関して学ぶ機会をいただきました。
検討の中で,ひまわり(高齢者・障害者総合支援センター)の
委員の先生方から
・発達障がいは脳の器質的障害であること
・訓練等により社会に適用をしているのだけれども,
生き辛さはずっと変わらないこと
・発達障がいに対する社会,国民全体に対する啓発が必要であること
ということを繰り返し何度も説明いただいたのですが,
それを実感を持って理解できたように思います。

綾屋紗月さん・熊谷晋一郎さん共著の本もあるようですので,
読んでみたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全弁協「保釈保証書」による保釈

全国弁護士協同組合連合会による
「保釈保証書による保釈」やってみました。

これは,保釈保釈金につき,
全弁協が,裁判所に対して,
「命令があり次第いつでも直ちに当連合会が
納付することを誓約し,この保証書を提出します。」
という内容の「保証書」を差し入れることで,
保釈保証金の納付に代替する,というものです。

実際に,裁判所に対して保釈金が
納付されているわけではないのですが,
万一の際の保証金の支払いは,
全弁協が行うことになります。

保釈保証金の上限は300万円。
保証委託者の負担は,
保釈保証金の10%の預入金(裁判が終われば返金される),
保釈保証金の2%の手数料及び振込手数料
となります。

今年から始まった制度ですので,
まだ利用できない地域,裁判所に浸透していない地域も
あるかもしれませんが,
大阪は,特に今回が第1回公判前=令状部
の判断だったからかもしれませんが,
スムーズに利用ができました。

この利用をするためには,保釈請求書において,
保証書による納付の許可も請求しておきます。
裁判所からは,保証委託者の職業,年収などを
口頭で確認されました。

手続は,HPで確認ができるので,利用した感想などを。

まず,保証書による保釈のメリットは,
裁判所に大金を納付しにいくという手間が省ける点です。
上限300万円までの事案であれば,今後も私は
保証書による保釈を利用したいと思いました。

次には,保証書の申込みをどの機関にするか,
という選択肢があります。
全弁協以外にも,日本保釈支援協会も同様の事業を行っています。

比較表がありましたので,リンクはっておきます。

全弁協は,
事前申込み→本申込み→入金
→保証書発行→保証書を裁判所持参
という手順をふみますが,
かなり早く対応してくれました。

本申込みを,大阪弁護士会協同組合の窓口で
朝9時に行い,同日午前11時前には,
裁判所に保証書を持参できました。

もっとも,原則,窓口での申込みになる,
というのがネックだと思います。
弁護士会から事務所が遠い弁護人だと,
それだけで時間のロスがあると思います。

事前申し込みと本申し込みの二度手間
(どちらも窓口申込み)もあるし,
保証書もらいにいくのにまた窓口行くし。

窓口の方や全弁連の担当の方の対応は,
理解を示してくれてすごくよかったのですが,
オペレーションに問題があると思います。
ここは改善していただけるとなーっと思いました。

何はともあれ,保釈が通って,
無事釈放される運びとなり,ほっと一安心です.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼酎に思ふ

Img_4882


事件の一応の解決のお礼として,
依頼者の方からいただいたもの・・麦焼酎一升瓶!
女の子やのに!(スイーツ系ではない。)
しかも,熊本産!球磨焼酎「埋蔵金」です。
(よく判っていらっしゃる!!)

 

それを昨日開封し,いただきました。
ん~!薫りが立ち,鼻に突き抜けるこの感じが大変良いです。
この黄金色からもわかるとおり,しっかり感のある麦焼酎です。

 

それで,

なぜ,依頼者の方がこんなピンポイントのものを
贈ってくれるのかというと・・
調停の場で,待ち時間も含めてよく話し込んでいたがゆえですねぇ。

 

弁護士は,依頼者の方の本当にコアな部分に触れ,
「縁の下の力持ち」的に人生の第一歩に立ち会います。

 

そういう一つ一つが,ありがたいです。
ありがとうござます。美味しくいただいています!!

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール・マッカートニー来日公演最終日☆

大阪弁護士会のブログ担当日がたまたま21日でしたので,

その日行った「ポール・マッカートニー来日公演最終日☆」について

書いています。

http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/72/entry/1565

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »