« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

Ipad2発売

本日は,Ipad2の発売日でした!
IT系に非常にうとい私ですが,
法曹界はもっとうとい!
あらゆる業界の中で,
最も保守的なところの一つであると思っています。
なんせしょっちゅうFAXは(不要な分も含めて)回ってくるし,
フロッピーディスクもまだ生きている。

そんな法曹界にもITの波は着々と訪れています。
合理的かつ先進的な若い弁護士の方には,
記録を全てデータ化して,
法廷には重い書証は持って行かないという人もいます。

かくゆう私も,記録のデジタル謄写など
やるようになりました。

また,委員会の会議などでも,
「あー,こんなことMLで回ってたよね。」
と言いながら,さくさく親指と人差し指を動かつつ,
メールの内容が瞬時に会議に反映されたりしています。

法廷の期日調整でも,
Ipad出して「差し支えです。」と言う人も
見かけるようになりました。

・・・こんなん見ていると,
「そんなに便利なの?!」と思ってしまいます。
そういうわけで,今の私の注目株は,Ipad2です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年審判

先日,付添人として2回目の少年審判を経験した。

今回特に感じたのは,
少年審判と,審判までの過程を
通してやっているのは,
少年の「心のケア」だということである。

調査官が,親や第三者,裁判官,付添人等のいる前で,
少年に対して声をかけた。
「きみは,虐待を受けたり,いじめに遭った経験があるけど,
きみが悪いことなんて,ひとつもないから。」

この言葉を言ってもらっただけで,
少年がどんなに救われたことか。
表情から見て取れた。

同時に,これまでの少年の人生で,
「きみは悪くない。」という,
このたった一言を言ってあげる人が周りにいなかったこと,
そのことについて非常にやるせない気持ちになった。

少年から聞けた言葉で一番嬉しかった言葉
「今回,弁護士さんや,調査官に,
自分がきつかったことを
話せたことで,楽になった。

今まで誰にも話せなかった。
いじめられて帰ってきても,笑顔でただいま,って帰ってきて,
誰にも見せなかった。
でも話せる人がいるんだって思った。」

今後も少年の成長に寄り添い,支えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月5日BBS・セカンドチャンスメンバーの講演@名古屋の案内

名古屋でBBS活動をし,かつ,
セカンドチャンスの当事者メンバーである
高坂朝人さんから,添付のチラシの案内をもらいましたので,
こちらでも案内させていただきます。

(前提)
●BBSとは:法務省保護局との連携のもと、
更生保護活動に取り組んでいるボランティア団体。
お兄さん・お姉さん的存在として少年たちと共に悩み、
学ぶ活動などに取り組んでいる。
●セカンドチャンスとは:少年院出院者による少年院出院者への
サポートグループ。当事者とサポーターが協力して
出院者の居場所づくりをめざして活動している。
●高坂朝人さんについて
「少年院2回、拘置所、暴力団準構成員、
暴力団企業舎弟という闇の世界に11年いたが
24歳時に転機がきて、立ち直ることを決意して、3年経ちました。
今も自分の過去、被害者の方々、家族など、
しっかり振り返り向き合い、自分の総括をする日々を送っております。」

詳しくは「高坂朝人のブログ」をご覧になってください。
http://ameblo.jp/asatotakasaka/
ほぼ毎日更新されています。
非行少年や親とのやりとりが当事者の立場から,
具体的に紹介してあり,読み応えがあります。
(高坂さんからの案内)
「6月5日には名古屋で、パネルディスカッションをします。
当日は、朝日新聞と中日新聞が取材に来ますので、BBSの名前を宣伝します。
7月30日には奈良の非行の親の会(つきあかりの会)で講演させてもらいます
ので、良かったら遊びに来て下さい。」

(補足)
6月5日13時~ @愛知労働文化センター4階
「なんで俺がグレたのか,
怒り,孤独,瞑想,漂流・・・
そして見つけた!俺の未来」は,
東海・非行と向き合う親たちーひまわりの会と
南保護区BBS会の共催で行われます。
参加費 1,000円(会員・BBS 500円)です。
パネリストとして
・高坂朝人さん
・才門辰史さん(セカンドチャンス副代表)
・愛田美子さん(元「非行」少年の親」
の他にも,
・津富宏教授(セカンドチャンス代表,静岡県立大学准教授)
も出席するという情報を得ています。
興味を持たれた方は,
申し込み先 南保護区BBS会 
都島 minamihogoku.bbs@gmail.com 
となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊中BBS総会

昨日,豊中地区BBS会総会が行われ,
新役員メンバーの舵取りの下,
豊中BBS会の新年度がスタートした。

来賓で大阪保護観察所の主席保護観察官にも来ていただき,
総会終了後少し話をすることができた。

平成24年4月から,保護観察中の非行少年の
特別遵守事項として社会貢献活動が入る。
ただ,大阪はモデル地区?のようなものに指定されており,
他の地域より1年先駆けて実施されるそうだ。

社会貢献活動とは,条文上は
「善良な社会の一員としての意識のかん養及び規範意識の向上に資する

地域社会の利益の増進に寄与する社会的活動」というものであるが,
具体的な内容としては,少年に清掃活動をさせたり,

ボランティア活動をさせること等が検討されている。

この引率を担うことができるのは,

保護司よりも,若く,足の軽いBBS会員が適任である。

よって,今年度は,保護観察所,保護司との連携をさらに強化し,
BBS会が非行少年の更生の支援ができる門戸を広げるチャンスを掴んでいきたい。
そのためにも,もっと有志を募り,
BBS会全体の底力を上げることにも力を入れたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »