生徒指導提要 改訂版

先日,学校の管理職の先生方を対象とした
研修講師をつとめました。


テーマは,

「生徒指導提要を踏まえたこれからの生徒指導と
相談事例からの教訓」です。

2022年12月に『生徒指導提要(改訂版)』
が公表されました。
生徒指導提要は,
生徒指導に関する学校・教職員向けの基本書です。

学校教育において,生徒指導は,
学習指導と並ぶ2本柱といえます。

それだけ重要な改定です。


改定は,2010年から12年ぶりとなります。
この12年だけを考えても,大きく社会が変化しました。
社会の変化に合わせた内容の改定とともに,
教育現場においても,社会の変化に合わせた
見直しや変化を求めています。

現代的なのが,デジタルテキスト化された点です。
青文字を押したらリンクが張られていて,
用語の説明や条文の確認を,
その場でできるようになっています。

今後も内容に更新があればリンクを修正し,
最新版に保てるようにする予定のようです。

改訂版の生徒指導提要は,300㌻に及びます。

研修を行う上で私は目を通しましたが,
先生方は,これを腰を据えて読むのは
大変だろうと思うので,
重要なポイントを解説しました。


従前の生徒指導の特徴というと,
課題が起きたら対応する,
ルールの適応と順守を基本とし,

それにはみ出る人は指導の対象になる,
という側面があったように思われます。

改訂版は,この従前の生徒指導とは,
大きく意識の変容を求められる内容となっています。
起きてからどう対応するかという以上に,
どうすれば起きないようになるのか
という点へ注力することを求めています。

児童生徒への指導に加えて,
強調されているのが「支援」です。

課題を起こした特定の児童生徒へ指導よりも,
全児童生徒に対する「発達支持的生徒指導」
の重要性を
改めて確認する内容となっています。


従前の方法を踏襲しようとする
生徒指導の先生方からは,

ハレーションを起こしそうです。

でも,未だにいじめを背景とする
自殺などの深刻な事態の発生が
後を絶たないことの
反省に立ち,
先生方の意識も
変わっていくことを強く求められていると感じました。

それだけ,本気が伝わってくる内容です。


もう一つの,キーワードとなるのが,
「自己指導能力」です。

これは,児童生徒が,深い理解に基づき,

「何をしたいのか」,「何をするべきか」
主体的に問題や課題を発見し,
自己の目標を選択・設定して,
この目標達成のため,自発的,自立的,

かつ他者の主体性を尊重しながら,
自らの行動を決断し,実行する力

とされています。

違反があれば即指導,じゃなくて,
違反に至る背景など児童生徒の
個別の事情や状況を把握しながら,

内省を促すような指導となることを目指します。

そもそも何のために設けたきまりであるのか,
その点についても,
教職員がその背景や理由についても理解しつつ,

児童生徒が自分事としてその意味を理解して
「自己指導能力」をもって
自らの行動を決定していくよう
支援していきます。

 

これらの方向性を見据えると,
従前の生徒指導のやり方も見直しを迫られます。

出席者から事前に寄せられた
「頭髪服装指導」についての質問に対しても,

「ルールの違反即指導」ではなく,
・まず,その校則は時代に即したものとなっているか
・校則の適応においては,指導の前に,
どうして頭髪服装の違反をするのか,
その理由や生徒の心情は聞いたのか。

等のポイントをおさえているか,という指摘をしました。

「生徒指導提要 改訂版」の理念が教育現場に
根付くように,私もこれを踏まえたアドバイスを
続けていきたいと思っています。

| | コメント (0)

『実践トラウマインフォームドケア さまざまな領域での展開』

87229

トラウマインフォームドケアの本をもう一冊読みました。
実践トラウマインフォームドケア
 さまざまな領域での展開』 
2022/10/12  編者 亀岡 智美

読み進めながら,
トラウマインフォームドケアの考え方について

理解を進めながら,同時に,
自分が受けたSL相談を振り返る機会となりました。

あぁあの時,この考え方に基づいて
アセスメントできていたら,

この言葉を知っていたら,
この概念が自分のものになっていたら,

私のアドバイスはもう一段有用なものになったかも,
もっと説得的な説明ができたかも。
そんなことを同時並行で考えていました。

トラウマインフォームドケア(TIC)の
「トラウマレンズ」=「トラウマの眼鏡をかける」
が最も分かりやすく言語化されていたのを紹介すると,
「トラウマ体験を念頭に置いた物の見方をすること」
となります。

誰しもが,ある部分において,
トラウマを持っていることは

念頭に置いといた方が良いと思いました。

あの保護者の攻撃性は,
ギリギリの自己防衛だったのかも。

まさか支援者の優しい口調が,
トラウマ再演のトリガーになっていたなんて。

そんなケースの例示があって,
驚いたり,腑に落ちたり,感動しました。


今後のケースでは,現状の教育現場の取組みにおいて,
今ある情報の中でアセスメントをしても,
なんか歯車が合わないことがあったら,
TICの視点をもって情報を取りに行く,情報を洗い直す。
そうして,生活に潜むリマインダーと
さまざまなトラウマ症状との関連を見ていく視点をもっておこう。
そんなことをやっていこうと思いました。

また,パラダイムシフトの考え方も大変参考になりました。

パラダイムシフトの前後では,優劣の価値判断はない
ことを説明することにしよう。

そうすることで,教育現場の先生方のこれまでの取り組みを
否定するものではないことを説明しよう。

子どもの安全・安心を改めて考えた結果のTICであること,
それが支援者・支援組織の安全・安心を最大化する

可能性があることを説明していきたいと思いました。

| | コメント (0)

『トラウマインフォームドケア “問題行動"を捉えなおす援助の視点』

85468 

トラウマインフォームドケア。
いじめの重大事態調査を進めている中で,
心理職の先生に教えていただいた言葉。

内容をもっと理解したいと思い,読みました。

トラウマインフォームドケア
:“問題行動"を捉えなおす援助の視点

著者:野坂 祐子 
出版社‏ :‎ 日本評論社 (2019/12/24)



誰もが熱心に関わり,それまでの経験から
良い方法をさがしても
改善されない。
支援の方向性と本人のニーズがどんどん離れていき,
不適切で
効果のない介入が繰り返される。
本人は「分ってもらえない」と不信感を募らせ,
支援者は疲弊し,無力感に陥ってしまう。

効果が見られないのであれば,
別の見方に変えてみる必要がある。

「いったいなにが起きているのか」と尋ねる姿勢。

著者は,表面化している問題を
トラウマの反応だと捉えようとすることを

『トラウマの「メガネ」で見る』
と表現しています。

そして,トラウマのメガネは,
対象者だけでなく,
被害者,加害者,支援者,組織にも
向けられることを提唱しています。

私自身の学びが大きかった部分を
メモしておきます。

『トラウマによって,認知が変わるだけでなく,
感情や行動にも変化が起こる。
自分の意思とは別に,
いつでも生々しいトラウマ記憶が

侵入してくるような状況で生きていくには,
「感じない,考えない,近づかない」
ようにするしかない。

これらは,感覚麻痺,解離,回避と呼ばれる
トラウマ症状であるが,
本人にとっては
生き延びるための対処に他ならない。

・・・
「感じない,考えない,近づかない」という状態は,
トラウマ記憶の刺激から身を守ることができても,
現実的な危険に対してはあまりに無防備である。』


『トラウマの影響を受けている人の世界観は,
「また危険なことが怒るに違いない」
「誰も信用できない」

「自分は愛されていない」という
非機能的認知に基づいている。

危険な状況を危険と捉えるのは機能的な認知だが,
何も起きておらず,
むしろ安全な場面でさえも
危険だと認識するのは,

非機能的認知であり,トラウマ反応である。
・・・
不確実な安全に怯え続けるくらいならば,
確実な危険のほうがマシ。

こうして,無意識のうちに
相手からの暴力を引き出してしまい,

再トラウマを受けることにある。
予測不可能でコントロールできないトラウマに対して,

トラウマを自分から招くような再演という行動化は,
わずかでも自分が状況をコントロールすることで
無力さから逃れるための対処法ともいえる。』

 

『トラウマを体験した人にとって,
安心と安全はイコールではなく,相反するものである』

| | コメント (0)

本の刊行『学校のいじめ対策と弁護士の実務』

76596
私が編者として関わった本
『学校のいじめ対策と弁護士の実務
― 予防・初期対応から第三者委員会まで ―』
刊行されましたので,ご紹介させていただきます。

アマゾンのリンクはっています↑↑↑

『弁護士は学校のいじめ対策にどう臨むべきか!
●いじめ防止対策推進法・ガイドライン等に則った「いじめ対策」に必要不可欠な知識を概説し,
弁護士に求められる「学校現場の実情」に即した実務の進め方,留意点,必要な知識等について具体的に解説。

●すべての[事例・解説]を学校法務の専門的知識を備えた弁護士及び研究者が協同執筆。
豊富な経験と英知が結集した待望の1冊! 「スクールロイヤー」「学校法務担当者」必携の1冊!』

| | コメント (0)

大阪弁護士会館とりんご

74090


『結局ぼくらが「所有」できるものって、
煎じ詰めれば「記憶」なんだろうなと思うんです』

っと言ったのは皆川明さんで、

私はその言葉は真理として
自分の中で位置づけてよいのかどうか,

確かめている段階です。

モノをだいぶ断捨離して、あるいは、しなければならず、
その時に私を支え、励ましたのはこの言葉でした。



本もだいぶ捨てて、手元には、

本当に大事な意味付けをされた本だけが残っていました。
ただ、それも手放す気持ちになりました。

大阪弁護士会のごく近所には、
まちライブラリー』があり、
そこに寄贈しました。
そこでは、本を借りたいと思ったときは,
ほぼいつでも無料で本を借りることができます。
自分が寄贈した本についても同様です。
そうすると、もうそれは、
自分の本棚の延長に等しいような気がしてきます。
所有の意味合いが変化し,意義が薄れてきます。

また、大阪弁護士会のごく近所には、
こども本の森』があります。

そこは、子ども目線で
好奇心をくすぐる本に包まれた空間でした。

空間にゆとりも感じます。
本の表紙がディスプレイされているからこそ、
手に取ってみたくなる。

漫画もけっこう置いてあって、
読みたかったものもけっこうあったので,

改めて時間を確保して訪れたいと思いました。

写真は,こども本の森の玄関からのものです。
入館には予約が要ります。

| | コメント (0)

大阪日日新聞に記事が掲載⑤

66747

 

2021年11月16日付の大阪日日新聞
「こちら街角弁護士相談室」のコーナーで,
私が執筆した記事が掲載されました。
テーマは,「離婚時の自分と子どもの姓」です。


私は,いわゆる選択的夫婦別姓制度を
導入していない現状は,
個人の婚姻の自由を阻害しており,
このようは違法状態は早く
解消されるべきだと思っています。

なので,令和3年(2021年)6月23日に
選択的夫婦別姓制度に関して
最高裁判所において2度目となる「合憲」判断が
なされたことにはがっかりしています。


ただ,こういった個人的見解については
記事では書いていません。
一般論として法的手続について解説しています。

 

 

 

| | コメント (0)

木谷明先生

2021年9月12日朝5:00~ Eテレで放映された
心の時代~宗教・人生~
「それでも、信じる 負け続ける元裁判官」』を観ました。


番組の案内にかかる部分を引用します。
『「伝説の裁判官」とよばれる木谷明さん。彼をモデルとしたマンガやドラマも制作された。被告人の話を徹底的に聞き、向き合う姿勢はいかにして生まれたか、その半生を聞く。

無罪判決を30件以上確定させたことで知られる元裁判官、木谷明さん83歳。信念としたのは「疑わしきは罰せず」。真犯人の処罰も同時に求められる刑事裁判で、えん罪こそ最大の不正義だと被告人の話を徹底的に聞き続けた。幼少期の体験、裁判官としての姿勢を形作った先輩との出会い、被告人からの裏切りと心の交流。神ならぬ人間が、人を裁く意味とはなにか、そして、つぐなうとは。聞き手は詩人で作家の小池昌代さん。』

 

 

お名前と噂程度しか知らなかった
木谷明先生の考え方,
人となり,人格,
初めて知る機会となりました。


マンガ・ドラマの『イチケイのカラス』の部長裁判官

『それでも僕はやっていない』の前半の裁判官。

モデルとなっている裁判官がいるとはいっているものの,
にわかには信じられない,盛りに盛っているんだろうと
思っていたんですが,
ほんまにこんな裁判官のように考え,実践している人
がいる(いた)なんて。

 

被告人の言い分を徹底的に聞く。


苦い思い出を紹介するエピソードの中で,

自分がどう向き合うか,心の整理をしたときの
裁判官の「雑念」にも触れていました。

裁判官は先入観等にとらわれずに判断できるはずだ,
となっている。

真実を知るのは神様と被告人だけ

真実を知っている被告人に対して,裁判官が
これが真実だと判決をするということは,
いかに恐ろしいことをやっているか,ということは
考えないといけない。
裁判官がいう真実というのが,本当の真実なのか,
他の人は分からないが,被告人は分かる。

そうだとしたら,人が人を裁く意味とは。その拠り所とは。

 

「裁判は教育の場」と言い切ることが出来るなんて。

 

83歳でいらっしゃるそうですが,
聡明,崇高,とてもステキです!


「裁判」を担う一員として,襟を正す思いです。

9月18日(土)午後1:00~再放送もあるようです。

| | コメント (0)

校則見直し

9月9日のNHKクローズアップ現代で,

『その校則,必要ですか?密着!改革の最前線』として

校則見直しに関する特集が組まれていました。

以下,一部引用します。

『「下着の色は白」「ポニーテール禁止」など人権侵害まで指摘される校則。今、日本の管理教育の象徴ともされる校則の見直しが各地で広がっている。多様性が叫ばれる中、生徒や弁護士、教育委員会まで声を上げ、改革が加速しているのだ。生徒主体の校則改革は“最高の教材”との考えがある一方で、壁も・・・。「小遣いの額はいくら」「生徒だけの外食禁止」など保護者が学校にルール作りを頼み、新たな校則を積み上げてきた経緯から「簡単に変えるべきではない」という考えも根強いのだ。学校現場でいったい何が・・・知られざる最前線に密着。』

 

生徒自身が校則見直しに取り組むプロセスが
取材されていました。

その取り組みが可能,っていうこと自体に羨望と,
自分は出来なかったなーって言う敗北感を感じました。
過去の,自分の中高生自体を振り返り,
思考停止になっていたなーって思っていました。
変だと思っていたけど,
この圧政の中で,声を聴いてもらえるわけがない。
したがっていたら褒められるし,楽。

こんな姿勢の子どもが大人になり,
社会に出たら自主性,創造性を即求められる。

教育現場から,校則による管理教育から
変わっていかないと,国の資本力は育っていかない,
今なら思います。
この国がどこに向かうか,ていう点に
関わることだと思います。

 

校則見直しについての教員側の本音も
とりあげあれていて,
新鮮でした。
「私達が言えない雰囲気にしてきちゃった。
生徒の意見をあまり聞かないで
『だめ 無理』って言ってきちゃった。
だから生徒はいえなくなっちゃった」


みんな,今の校則を見直しないといけないという
必要性は実感しているんだと思いました。


佐賀県弁護士会の取り組みも取材されていました。

9月16日までは見逃し配信で観ることができるようです。

| | コメント (0)

学校で感染が確認された場合の対応

文部科学省から,令和3年8月27日付
学校で児童生徒等や教職員の
新型コロナウイルスの感染が確認された場合
の対応ガイドライン(第1版)」が出されました。

学校の臨時休業の判断は,
教育委員会等の設置者において行われます。

上記ガイドラインの周知文書においては,
「幼稚園の臨時休業を行う場合には,
幼稚園は一人で家にいることができない年齢の幼児が
利用していることを踏まえ,
感染拡大防止のための万全の対策を講じた上で,
出席停止等の対象となっていない幼児に対し,
預かり保育の提供を縮小して実施すること等を通じて,
必要な者に保育が提供されないということがないよう,
居場所の確保に向けた取組を検討してください。」
となっていました。



先日,私の娘が通う保育園では,
近隣小学校から児童の感染者が出たという理由で,
当該小学校に通う兄弟姉妹のいる園児は
登園をさせないようにとのお達しがでました。
どの学年の児童なのかという説明もありませんでした。

このような取り扱いについては,
上記のガイドラインには記載されておらず,
過剰反応だったように感じています。
これは園独自の判断だったようで,
裁量の範囲内だとは思いますが,
学校での教育・保育を止めないように,
バランスをとりながら対応を進めて欲しいと思っています。

 


コロナ禍のピークが見えず,特に子どもたちの感染が
増えているというニュースがある中で,
不安を感じている保護者の方々も多いと思います。


感染はしていないが,
感染が不安で生徒児童を休ませたいとき,
校長が合理的な理由があると判断する場合には,
登校は必要ありません。
「出席停止・忌引き等の日数」として記録され,
出席にも欠席にもなりません

※合理的な理由とは,
生活圏において感染経路が不明な患者が
急激に増えている地域で,

同居家族に高齢者や基礎疾患がある者が
いるなどの事情があって,
他に手段が無い場合などが
合理的な理由となります。

これについても文部科学省から通知が出されています。
新型コロナウイルス感染症等により
登校できない児童生徒等の出席等の取扱いについて

| | コメント (0)

『満ちみてる生』

江國香織さんが,『物語のなかとそと』のあとがきで,
文句なしにすばらしい小説と絶賛しており,この本には
「いま自分のいる世界まで読む前とは違ってしまうあの力」
があると述べていたことから
興味がわき,取り寄せました。

あとがきを読んでいるときは,
この本の題名を自分の中で『みちみちてるお』って
読んでいて,
謎過ぎてなんなんだろう・・・って
暗闇で懐に飛び込む感覚で読み始めました。


『満ちみてる生』

ほんと幸せ気分になる一冊でした。
わりと鮮明な映像が頭に流れながら
読み進めることができる感じです。

内容的には,なんじゃないんです。
妻の妊娠出産とか,
家がシロアリに食われて対応を父に求めるとか。

その日常感に流れる家族の押し引き,心の機微。
「過ぎる」表現が多用されています。
その点が特に好きでした。

そっこまで言いますか,とか,ツッコミ待ちかよ,とか,
思ってしまいます。
ニヤニヤしながら,時には吹き出し,笑ってしまいながら。

こうして備忘録したくなるような魅力がありました。

そして,この本と巡り合わせに感謝したくなりました。

| | コメント (0)

«WEB会議による弁論準備手続